サイトの流入を増加させるためのECサイトのメディア化

ECサイトの運用を担当している方であれば、ECサイトへの流入の増加をサイト改修の目的やKPIとしているケースは多いと思います。そのような場合のさらなる流入とEC売り上げの増加のためのメディア戦略として、ECサイトのオウンドメディア化を進めるという手段があります。

ECサイトのメディア化によるメリット

https://hokuohkurashi.com/

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有、管理(Owned)するメディアのことを指し、ブログやTwitterなどのSNSアカウントなどが該当します。

ECサイトにとってオウンドメディアは、SEOへの効果が見込める重要なコンテンツです。コンテンツの内容に製品やサービスに関連の深いものを採用し、そのキーワードや商品名でSEOの上位を狙うことができ、自然検索などからECサイトへの流入の増加を狙うことができるからです。また、コンテンツ内容やサイトのデザイン/UIなどが、ブランド商品のイメージやユーザーのニーズと合致するものに出来ていれば、見込み顧客やファンの拡大につなげることが出来ます。

これらのメディア化による集客の流れは、コンテンツマーケティングと呼ばれるマーケティング手法になり、顧客を育ててECサイトへ誘導するという形式の構築は現代のECサイトには欠かせないものといえます。ECサイト自体をメディア化するメリットは、このコンテンツマーケティングにあると言っても良いでしょう。

コンテンツマーケティングのターゲットとは

ECサイトをオウンドメディア化した際に流入を見込めるユーザーのターゲットを説明するために、購買の可能性があるユーザー層を2つに分類したいと思います。

商品に関連するテーマに興味を持っているが、購買意欲が高くないをユーザーを「潜在層」と呼びます。対して、商品テーマに強い興味を持ち、商品に対する購買意欲が高いユーザーを「顕在層」と呼びます。

リスティング広告やgoogleのショッピング広告などで集客する際にターゲットとなる層は「顕在層」であり、この層のユーザーは購入(コンバージョン)に結びつく可能性も一番高いですが、当然潜在層よりも絶対数は少ないと考えることができます。「潜在層」の場合は、顕在層に比べれば母数は遥かに多いですが、商品/サービスに対しての興味が薄いためにリスティング広告などで直接購入に結びつける、ということが難しいです。この潜在層へとアプローチするのが、コンテンツマーケティングでありECサイトのメディア化になります。

メディア化によって、潜在層の必要とする情報を提示することで、ユーザーとの接点が増え、ユーザーとのロイヤルティを高めることで潜在層を顕在層に引き上げ、EC自体への流入増や売り上げの上昇につなげることが出来るのです。

メディア化の際に注意するポイント

メディア化にあたってのメリットを説明してきましたが、もちろん、注意すべきポイントもいくつか存在します。

メディアの運営、継続の難しさ

既存の有名なメディアでは、メディアの運営が主な事業としているケースが多く、コンテンツ制作やライティングのプロが運営を行なっています。ですが、新規にメディアを運営する企業担当者がその道のプロとは限りません。さらに運用やコンテンツ制作のためには人的・金銭的な負荷がかかるため、社内で記事制作、運用まで全てまかなうにはある程度のコストを割く必要があります。

また、外注などを利用するという手もありますが、メディアの目的や記事のクオリティ担保のためにはやはり社内リソースを確保する必要があります。

結果が出るまでに時間がかかる

記事を執筆して、コンテンツをアップしてすぐに効果が出るということはありません。記事中のSEO対策が万全でも立ち上げたばかりのメディアが検索エンジンに評価されるまではある程度の期間を要しますし、Webサイトが被リンクなどを受けていないため、最初のうちはウェブページが上位表示されにくい状態が続きます。そのため、長期的な目線で運営を行うことが重要になると言えるでしょう。

効果測定に専門的な知識が必要

リスティング広告等のWeb広告の場合は、広告の展開後に問い合わせが増加したならそれが広告の効果だということが判断出来ますが、メディア化によるコンテンツマーケティングの場合は効果が出るまでに一定の期間が必要なため、同じように問い合わせ数などで効果を判断することは難しいでしょう。

そのためGoogle Anaylticsなどの専用のツールを利用し、メディア自体のアクセス数などの計測を行う必要があり、専門知識がない場合はその方面の学習コストが必要になる場合があります。

SEOの上位表示の難しさ

実際にSEO上位に表示したいワードにもよりますが、検索上位にコンテンツを表示させるには、必然的に記事やコンテンツのクオリティを上げる必要があります。ここでいうクオリティとは、実際に記事コンテンツの内容がユーザーのためになっているかという点になり、ユーザーが検索したワードに対する満足度が高い内容であることや、記事自体の被リンク数などが判断対象となります。

上記を意識しつつコンテンツを増やしていくことは難しい点もありますが、上位表示を狙うには継続して検索エンジンからの評価を上げることは非常に重要だと言えるでしょう。

ECサイトのメディア化~まとめ

ECサイトのメディア化によるコンテンツマーケティングは、今まで述べたようなメリットがピックアップされるため、すでに定着しつつあります。ソーシャルメディアを利用したマーケティングと同様にしばらくは発展していくと見ても良いでしょう。 しかし、メディア化にあたって注意する点でも述べたように、SEO面で効果が出るようになるまでは、ユーザーのニーズにあったクオリティの高いコンテンツが必要になり、長期的な運用が必要になるため、計画的な運営が必須だと言えます。

オウンドメディアはECサイトと連携させることによってより効果的なブランディングや実売上へとつなげることができる、企業成長には欠かせないコンテンツと言えます。計画的に運用し成功を目指しましょう。