【沖縄の穴場情報】ソーキそばを食べ納め♥︎「空港食堂」

こんにちは。yumiです。

前回、美ら海水族館に行った後には、是非寄って欲しい「フクギ屋」と「備瀬のフクギ並木」をご紹介しました。

【沖縄の穴場情報】神秘的!備瀬のフクギ並木&フクギ屋のソーキそば

今回は、沖縄旅行最終日、那覇空港でソーキそばを食べ納めるならココ!という穴場スポットをご紹介したいと思います。

その名も「空港食堂」

国際線到着ロビーの端の端にあるお店!


国内線1階到着ロビーには、(外に背を向けた状態で)左に到着口A、右に到着口Bがあるのですが、空港食堂はこの到着口Aがある側のロビー左、さらに端の端にあります。

目印は琉球銀行。写真の「JAL JTA ツアーカウンター」と案内看板のある通路に入って行きます。…そう、お店の存在を知っていないとなかなか辿り着けない場所にあるんです。

表に看板も出ていないし、しかも国内線の到着ロビー階にあるので、空港職員の方か地元の方の利用が多いんでしょうね。


ほら、端の端。奥の奥でしょ?(笑)

でもお店の前にはのぼりも出ているので、「琉球銀行」の脇の通路を入って行けば確実に到着できます。


メニューは、ソーキそばやてびちそば(てびちとは豚足の煮物で、沖縄の郷土料理です)、ゴーヤチャンプルーやポーク玉子定食(これも沖縄定番!)など沖縄家庭料理の他に、カレーやカツ丼など、普通の食堂メニューもあります。

お昼時は満席の人気店


11時半前でこの満席具合!人気店なのが伺えます。

店内はいたって普通の食堂という感じなので、観光客でも沖縄料理を堪能するには全く問題ない雰囲気です。


食券方式なので、この食券機で食券を購入して、お店のおばちゃんに渡して席に着きます。
「ブルーシールアイス始めました」って沖縄ならではのポスターですね(笑)


こちらがソーキそば(650円)。リーズナブルなのも嬉しいです。

前回ご紹介した「フクギ屋」のソーキそばより若干あっさりめのスープに、面は太めのストレート、ソーキは小さめのものが3つ乗っておりました。

空港で食事をしようと思うと、普通のレストランより2、3割増を覚悟しないといけないので、このお値段なら食べ納めに到着ロビーまで降りて来るかいがありますよね。

 

沖縄旅行の最後に、そう、飛行機に乗る直前に!ソーキそばを食べ納めるなら断然おすすめな那覇空港の「空港食堂」。

旅でたくさんソーキそばを食べてちょと食べ飽きちゃった方でも、ゴーヤチャンプルーなどの沖縄料理も豊富なので、ぜひ立ち寄っていただきたいお店です。

もちろん、到着したその足で向かって、ソーキそば食べ始め(?)にもいいですね(笑)

「空港食堂」
年中無休 9:00~20:00(L.O.19:45)
[モーニングメニュー]9:00~11:00
[通常メニュー]11:00~19:45

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ