【SNSまとめ】Instagramの写真を「リポスト」する方法

  • SNS

こんにちは。yumiです。
先日「【SNSまとめ】アパレル業界におけるSNS活用術」で、UNIQLOのインスタグラム活用法をご紹介した際に、「リポスト」という機能について少し触れました。

SNS活用術の記事はこちらをご覧ください。

【SNSまとめ】アパレル業界におけるSNS活用術

 リツイートならぬ「リポスト」とは?

UNIQLOがコーディネイトを集める方法

UNIQLOのアカウントでは、モデルやスタイリスト、インスタグラマーの洗練されたコーディネートが紹介されていますが、これはインスタグラムで投稿をシェアする「リポスト」という機能を使っています。

「リポスト」された写真には、左下にタグが付いているのを見たことがあるのではないでしょうか?

企業だけではなく、一般ユーザーの私たちも、気に入った写真を自分のタイムラインでシェアしたい時に使えるこの「リポスト」。

今日は無料アプリ「Repost for Instagram」の使い方をご紹介します。

 「リポスト」の使い方

まず「Repost for Instagram」をダウンロードしてアプリを起動します。

iPhoneはこちら
Androidはこちら

右上にあるインスタグラムのマークをタップすると、インスタグラムに移動するので、シェアしたい写真を開きます。


右上の「…」をタップして「URLをコピー」を選択。
すると「リンクがクリップボードにコピーされました」と表示されるので、それを確認したら「Repost for Instagram」に戻ります。

戻るとNewに今コピーした画像が保存されているので、これを選択。

「Repost」ボタンの上部でタグの表示位置と、白い帯にするか、黒い帯にするかを選択し、「Repost」ボタンをタップします。

するとインスタグラムに移動するので、ここで「次へ」をタップ。
以降はインスタグラムで通常投稿する時と同じ編集画面になります。

私の画面ではこの「写真の切り取り」画面の時に写真を少し上にずらさないと、タグが下に隠れてしまうようでした。

リポストする際には、オリジナルの投稿者IDを@~でタグ付けし、#Repostを書き込むことがマナーのようですので覚えておきましょう!

 

このように、無料アプリで簡単にできる「リポスト」。
気に入った写真を気軽にシェアすることで、友達にも見てもらったり、自分のタイムラインを充実させることができますね。

先に紹介したUNIQLOのように、企業が自社の商品が写った投稿をシェアしてフォロワーに紹介することで、「あ、この使い方素敵!」「このコーディネイト真似してみよう!」なんて口コミのような効果が生まれることも!

「リポスト」という機能を意識してインスタグラムを見ると、また違った楽しみ方ができそうです。

 

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ