【SNSまとめ】アパレル業界でも注目の「Pinterest」とは?

  • SNS

こんにちは。yumiです。
今日はアパレル業界でも注目の「Pinterest」について簡単にご紹介します。

アパレル業界でもFacebookやInstagram、Twitter、LINEなどのSNSを活用した広報活動やキャンペーンは盛んで、今や公式サイトやECサイトに並ぶ、大事な販売ツールとなっています。

そんな中、「Pinterest」というツールが今注目されています。
“Web上に商品カタログを作る”というイメージが一番近いこのツールは、どのようなものなのでしょうか?

Pinterest

Pinterestとは?


「Pinner(ピナー)」と呼ばれるユーザーが、自分だけのオリジナルアルバムを作るように「Bored(ボード)」を作成していきます。

WebサイトやPinterest上などから、好きな写真をこのBoredに持ってくることを「Pin(ピン)」といい、Pinterest内の画像をPinする場合は「Repin(リピン)」といいます。

PinnerはPinterest上に作成された、アパレルブランドや各種ショップ、デザイナーが掲載している作品など、様々な写真の中から、気に入ったコーディネイトや流行のファッション、アイディアなどをPinまたはRepinして自分のBoredにためていくのです。

消費行動を促す効果

Pinterestは雑誌やカタログを見る感覚に近く、また気に入った写真をBoredにためていくことで、後日改めて見たり確かめたりすることができるため、そこから購買に繋がる可能性が高くなります。

また、公式サイトやPinterest上のカタログから写真がピンされるとリーチが広がり、大きな広告効果が生まれることがあります。

さらにその写真を見たPinnerがRepinすることでどんどんシェアされ、拡散していく可能性もあるのです。

米国ではTwitte以上にホームページへ誘導できるツールとして話題で、日本でも近年人気を集めており、その簡便性や手軽さ、操作性によって、若い人に多く利用されています。

友人や同僚などの「人間関係」ではなく、「モノ(共通の趣味や興味)」を軸にしているため、ユーザーが消費行動にうつりやすいツールなのです。

カタログとしての利用方法

前途のとおり、PinterestはBoredという機能があります。このBoredは、テーマ別やカテゴリ別に写真を分類してためていくことができます。

このBoredに写真を掲載することで、アパレルブランドのカタログのような活用ができます。動画も掲載できるので、商品やデザインについてより詳細な説明もできます。

さらに各写真から、自社の公式サイトやECサイトへリンクして、直接購入を促すことも可能です。

Pinterest活用例

ハーニーズ


ハニーズのユーザー層はPinterestと似ており、ファッションに敏感な女性が多く、つまりはハニーズのターゲットと重なっています。

ハニーズではオンラインショップに掲載した商品写真をピンすることで、公式アカウントページに商品のカタログを作っています。

さらに、自社の商品以外でもユーザーが共感を持てる写真をピンすることで、ハニーズのファン以外にも興味を持ってもらえるような工夫がされています。

 

Pinterestは、企業側からすれば「ユーザーとフランクに繋がれる商品カタログ」ですが、ユーザー目線だと「web上のスクラップブック」という感じですね。

昔雑誌を切り抜いてスクラップブックを作ってた!なんて方は、今注目のPinterestを試してみてはいかがでしょうか?

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ