【旬をレポート】GINZA SIXのワインショップ・エノテカでちょい飲みのススメ

こんにちは。yumiです。

今年の4月に銀座松坂屋跡地にOPENした「GINZA SIX」。
OPEN2日目のレポートを先日しましたが、今日は地下2階にあるワインショップ・エノテカをご紹介したいと思います。

エノテカ最大級のワインショップ

ずらりと並ぶロゼワイン


エノテカ最大級の広さと、気軽に楽しめるカジュアルワインから、ミドルクラス~ファインクラスワインまで、国内最大級1,600種類以上の品揃えを誇るこちらの店鋪。

ワインショップ、カフェ&バー、アートコーナー、ワインに合う食材、ワインセラーなど、エノテカの魅力を集結した「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」です。


ワインショップのフロントにはロゼワインがずらりと並んでいて、なんとも可愛らしいディスプレイになっていました。

今世界でも注目を集めているロゼワイン。日本での消費はあまり多くありませんが、お料理に合わせやすく、また赤ワインより軽いので気軽に飲めるのが魅力です。

これだけ揃っていると選ぶのも楽しそうですね♬

他にも、国産ワインが60種類以上あったり、3本で1万円のセット販売コーナーがあったりと、見て回るだけでも楽しい店内です。

WINE Library


店の奥には、格子の扉で区切られた秘密のワインセラー(?)が…。
中にはきっと高くて希少なワインが並んでいるんでしょうね。


こちらは、オープン時の目玉商品として用意された、世界で33セットのみ、日本ではこの1セットだけという「シャトー・デュクリュ・ボーカイユ 2014 夢のビッグボトルセット」。

そのお値段なんと500万円!しかもご予約済みの表示が!

このお値段のなかにはソムリエ派遣費用、エノテカエイジングセンターでの保管費用が含まれ、さらに2033年にシャトー・デュクリュ・ボーカイユで開催される晩餐会への招待状券付き。

さすが、銀座のど真ん中「GINZA SIX」。最大級のエノテカ!といった感じです。

アートコーナーとカフェ&バー


お隣のフードフロアへと続く通路部分には、ピカソ、アンディ・ウォーホル、キース・へリング、リ・ウーファンといった『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』に作品を提供した、世界的に著名なアーティストのリトグラフがボトルと共に展示されています。

(※ボルドー5大シャトーの1つである『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』は、毎年ラベルに世界的に著名なアーティストの作品を起用することでも有名なワインです。)

他にも、『シャトー・ムートン・ロスチャイルド』の歴代ボトルがずらっと並べられた展示もあり、ちょっとした美術館気分を味わえる空間です。


これら希少なアートを鑑賞しながらグラスワインを楽しむことができる、カフェ&バーが併設されています。

グラスワインが500円、1,000円、1,500円から用意されており、各値段帯に赤・白・泡・ロゼがあるので、好みのワインを購入して席につきます。

ボトルワインもあり、ビールやウイスキー、コーヒーなど豊富な品揃え。また、店内で購入したワインの持ち込みも可能(1,000円※平日19時までは無料)だそうです。

おつまみも1,000円以下用意されており、お昼の時間帯はランチメニューもあるみたいです。


2人〜4人掛けの椅子&テーブルが通路の左右に10席弱用意されており、行き交う人を眺めながらの不思議なワインタイムを楽しむことができます。

平日の昼間に行ったのですが、お買物途中の奥様方や、女子会前の1杯かな?というような若い女性グループ、年配の男性がお一人で飲んでいたりと、賑わっている様子でした。(写真は空席時を狙って撮ったのですが、この後全て埋まっていました。)

 

「GINZA SIX」の地下2階で、グラスワインを軽く1杯♥︎のちょい飲みが手軽にできる「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」。
ワインを買うついでの1杯や、お買物途中の休憩にも良さそうです。

年間を通して数多くのテイスティングイベントを開催しているようなので、一度参加してみたいと思います!

「ワインショップ・エノテカ GINZA SIX店」
住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 地下2階
TEL:03-6263-9802
営業時間:10:30-20:30

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ