【チャレンジレポート】12時間で完成!梅シロップ作りしてみました

こんにちは。yumiです。

先日、梅酒作りにチャレンジしてみましたが、今回は子供たちも飲める”梅ジュース”を作るべく、梅シロップ作りにチャレンジしてみました。

梅酒作りの記事はこちら。

【チャレンジレポート】梅酒作りしてみました

しかも12時間放置するだけの、炊飯器の保温機能で作る梅シロップのレシピを見つけたんです!

梅酒を飲めるのは1年後…でもこのレシピで作る梅シロップは12時間で完成!すぐに梅ジュースが飲める簡単レシピをご紹介します♬

12時間で完成!梅シロップ作り

下準備を開始


今回は南高梅という種類の梅を1kg購入してみました。
買ったときから黄色く熟れていて、甘い香りが漂います。

梅酒を作ったときも行った、梅のヘタを竹串で1つ1つ丁寧に取り除く作業をします。

ヘタを取らずにそのまま漬けるとエグ味が出てしまうのは、梅シロップも一緒。
とっても簡単に取れるのでこの作業は飛ばさないようにしましょう。

炊飯器に梅を氷砂糖を入れるだけ


梅のヘタを全部取り終わったら、全部を炊飯器のお釜に入れます。
その上に、1kgの氷砂糖を入れます。


5合炊きのお釜がいっぱいになってしまいました(汗)
炊飯器の蓋がしまるか心配でしたが、何とかぎりぎり閉まりました!

氷砂糖が溶けるまで12時間前後保温します


あとは、炊飯器を保温に設定して待つだけです!
途中、様子を見ながら混ぜたりして、氷砂糖の溶け具合を確認します。

レシピによっては保温時間は6時間だったり、24時間だったりとばらつきがありましたが、梅と氷砂糖の量や炊飯器によっても差が出て来ると思います。

今回はほぼぴったりの12時間で氷砂糖が溶けたようだったので、そこで保存用の瓶に移し替えました。

梅シロップが完成です!

あれ!?梅ジャム完成(笑)


こちらが完成して、保存用の瓶にうつした梅シロップです…何かイメージと違う!

レシピに掲載されていた写真はどれも梅の形はそのまま(エキスが出てしわしわになっているものもあり)で、氷砂糖が溶けたシロップはほんのり黄色の透明なものでした。

ですが、完成したものは梅の実がほとんど溶けて、どろっと濃厚な梅ジャム状態でした。

熟した南高梅だったのがいけなかったのか…エキスが出た梅はジュースにそのまま入れて食べたり、梅ジャムするレシピが紹介されていたりしたですが、手間いらずで梅ジャムになってしまいました(笑)

ジュースにして飲んでみました


完成した梅ジャムをスプーンですくってコップに入れ、氷と炭酸水で割って飲んでみました。

美味しい!!!

梅が溶けてどろっとしてしまいましたが、味はとっても美味しい梅ジュースです。
梅の香りが爽やかで、甘酸っぱくて、上出来です。

子供たちも美味しいと沢山飲んでくれました♬良かった!

パンに塗って梅ジャム堪能


せっかくなので、梅ジャムとしても食べてみました。

食パンに塗って食べたのですが、甘酸っぱくてとても美味しい!
飲んでも食べても美味しいなんて素敵です♥︎

 

梅シロップを作ったつもりが、梅ジャムのようになってしまいましたが、これはこれで良かったです(笑)

今シーズン、間に合えば青梅でもう一度試してみたいと思います!

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ