【ふらっと、寄り道】不忍池のスワンボートに乗ってみました

こんにちは。yumiです。
昨日、上野公園の桜をレポートしに来て、ふらっとスワンボートに乗ってみました。
桜についてのレポートはこちらをご覧ください。

【2017桜レポート】上野公園に行ってみました(3月22日)

上野恩賜公園の不忍池

弁天門からのレポート

上野公園側から不忍池のボート乗り場に向かうには、弁天門から入ります。
弁天門とは、不忍池の中央に立つ弁天堂の入り口部分です。


と言っても、特に門的なものは見当たりませんね…。

弁天堂へ向かう道の左右には出店が出ています。
この日は平日でしたが、お天気が良かったのともうすぐ花見シーズンのためか、沢山の出店が出店してました。


こちらが弁天堂です。
今日は目的がここではなかったため参拝はしていませんが、観光客や参拝客が沢山いました。
また、外国人旅行客もちらほら。上野公園自体、神社や日本らしい建物が多いため、観光にはぴったりなんでしょうね。

この弁天堂をぐるっと回って後ろに出ると、ボート乗り場があります。

不忍池、ボート乗り場


今まさに、カップルがボートに乗ろうとゲートをくぐりました。笑

この不忍池、”カップルでボートに乗ると別れる”という都市伝説がありますよね。みなさんも一度は聞いたことがあるのではないのでしょうか?

不忍池は弁天様が居て、カップルで行くと嫉妬から破局を迎えさせられてしまう…というのが一説のようです。現在はそんな噂を気にする人は少なく、デートにも人気のスポットのようですが、女性の神様がいる場所にはこうした話が付きもののようです。

何となく、不吉なイメージがあったため今まで乗ったことがなかったのですが、今日は勇気を出して(笑)スワンボートに乗ってみました。


乗り物はサイクルボート、スワンボート、ローボートの3タイプがありました。
それぞれ利用時間や料金、人数制限が違うようですが、スワンボートが一番人気のようです。

他2つの乗り物はチケットを買ってすぐに乗船出来るようでしたが、スワンボートは列に並びました。と言っても順番が回って来るまで15分ぐらいしか待ちませんでしたが。

スワンボートに乗船


このショッキングピンクのスワンボートに乗船しました。

風が強い日だったのですが、漕ぐと思ったより前に進み、ハンドルで進行方向も決められます。
乗るまでは漕ぐのが大変なイメージだったのですが、景色を見ながら足を動かして漕ぐのは割と楽チンです。

30分の制限時間がありましたが、一生懸命漕ぎ続ければ、この池の周りを1週して帰って来ることも可能そうでした。


池には沢山のボートが浮かんでいます。
カップルも沢山いましたが、女性同士や、子供と乗るお父さんなど、みんなとても楽しそう。

やはりスワンボートが多い印象でしたが、手で漕ぐタイプのローボートも気持ち良さそうでした。
強い風に流されながらも、太陽があたると暖かく、スワンボートでの30分を思う存分楽しめたと思います。


ボートから見た、忍ばず池の中を通る歩道の桜並木です。
満開だったらボートからの景色も最高でしょうね。

ちなみに、終了時間の書かれたチケットはこんな感じで洗濯バサミに挟まってますので、時間を忘れて慌てることはありません。

 

上野公園の桜をレポートしに来て、ふらっとスワンボートに乗ったのですが、思いの他楽しかったです。
桜はまだ楽しめませんでしたが、今日の春を先取りしたぽかぽか陽気を楽しむことができました。

不忍池ボート乗り場情報
TEL:03-3828-9502
営業時間:月によって異なる

Writer

yumi

yumi

ノベルティ本舗のマーケティングとブログ担当のyumiです。
アドワーズ&アナリティクスとにらめっこの日々。。。
ワインを飲みながらドラマを見るのが至福の時です(*´∇`*)

Page Topへ