HTMLの覚え方。この5項目さえ覚えればなんとかなる!

HTML5で導入されたタグは細分化が進み、適切な場所で使うには慣れが必要です。
すべての役割が理解できないと、間違った構文になってしまいますよね。

そんな時はとりあえず、下記の5項目の役割だけ覚えましょう!

それぞれのタグの役割

<div> 一つのブロックを表します。なんでも囲める包容力のある奴。
<p> ひとつの段落を表します。通常は文章などの区切りにつかいます。
<ul> リストを表示します。
順番に数字を付けたい場合は<ol>を使います。
<li> リストの項目を一つずつ記述します。
<dl>
<dt>
<dd>
定義リスト。<dt>内のものを<dd>で説明します。
<dl>
  <dt>1月1日</dt>
  <dd>元旦</dd>
</dl>
という使い方をします。
<h1>-<h6> 見出し。ページの中やそのブロックで見出しとなるものに付けます。
見出しの重要度でh1〜h6までありますが、h1は同じページに一つしか使えません。

間違った構文にならないために

難しい説明は省いていますが、
まず、この5項目さえわかれば、大丈夫です。

<section>や<article>といった、より適切なタグがあるかもしれません。
でも迷ったら<div>にしても大丈夫!

最適ではなくても、間違った使い方をするよりも良い選択です。

Writer

ko

KO

誕生日に会社のみんなから『世界文学全集』をプレゼントしてもらった読書好きフロントエンド・エンジニアです。WordPressとMovableTypeが得意ですが、本当の特技は薪割りです。

Page Topへ